2008年12月21日

平和と「いも」

串間いも、甘くておいしいですよね。



いもがおいしい時期になりました。

われわれの世代では、いもをたくさん食べすぎて、

「見たくもないし、嫌いだ!」 「あまり好きではない!」

などと、聞かないのですが、いかがですか?

私が、小さい頃、祖父や祖母などから戦争の話を聞かされたことがありました。

「いもくらいしか食べ物がなく、いもでも食べられればましな方だ。」

その話を子どもと、串間いもを食べながら思い出し、


いつまでも「いもがおいしい」と言える、そういう世の中であって欲しい、

いや、そうしなくてはいけないと改めて感じました。



今の子供は、そういう戦争の話を聞く機会が少なくなりました。

食にも恵まれてういます。

うちの子供は、食も細く、あまり食べないし、残すこともあります。

毎日のように、食事も食べられない子供が世の中にはたくさんいることを

話して聞かせますが、あまり実感がないようです。

TVでアフリカの痩せている子供達の姿を見ると、涙をためていますが…



戦争を体験して欲しいわけではなく、食べ物の大切さや、

それに携わる人への気持ち、思いやりなど。

伝えたくて、いつも子供を叱ってばかりいますが、伝え理解させることは

難しいですね。

子供の寝顔を見ながら、毎日、ひとりで反省会です。



同じカテゴリー(つぶやき)の記事画像
あっ・・・!落とした!!
同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 あっ・・・!落とした!! (2009-01-09 09:04)

Posted by おーちゃん at 10:09│Comments(3)つぶやき
この記事へのコメント
小さい頃食べ過ぎたので「いも嫌い派」です
(醗酵した芋は好きですが・・・)

私にとっては
「子供の寝顔」は、どんなご馳走よりも
生きる源になりましたよ!
Posted by setusetu at 2008年12月21日 12:31
私はよく、母から戦争の話を聞きました。
疎開で大変だったこと、食糧難のこと。

ホントに子どもに伝えることは難しいですね。
Posted by ゴン at 2008年12月21日 23:11
あけましておめでとうございます。
本年も「地域ブログみやchan」のメインコンテツである
「加盟ブログ」としての記事の更新を楽しみにしています。
本年もよろしくお願いいたします!
私も田舎の母・祖母に “米一粒” も大事に!と育てられましたので、
こちらの記事に共感です。感謝の気持ちを忘れず
この1年がんばりたいと思っています。
Posted by @焼きあじ at 2009年01月05日 15:24
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
平和と「いも」
    コメント(3)